ホーム > アメリカ | シュロン/Shuron | レンズ | 日本 | 眼鏡 > 次世代調光レンズをご存知ですか?

次世代調光レンズをご存知ですか?

shuron-ronsir-transitions-xtractive5

風を感じつつ、光を浴びるバイシクルライドが大好きです!

通勤で自転車を使う私は朝はサングラスが必要不可欠、でも自転車走行時は風を受けて走るため、暗くなった夜でもアイウェアが欠かせません。

サングラスとメガネを2本使い分けるのは良いのですが、正直掛け替えが面倒です。

そんな時はコレ!東海光学の次世代調光レンズ「ベルーナHX トランジションズ エクストラアクティブ」

shuron-ronsir-transitions-xtractive

従来の調光レンズは紫外線の量に合わせて、レンズの色が濃くなったり薄くなったり。

だけど、レンズカラーの濃度変化が外気温に影響を受け、温度が高いとレンズカラーが濃くなりにくいという性質を持っているのです。

今回ご紹介する「ベルーナHX トランジションズ エクストラアクティブ」は可視光線調光レンズという新しいレンズで、紫外線だけではなく可視光線(目に見える光の波長)によってカラー変化するのです!
紫外線従来の調光レンズに比べ高い外気温でもよりレンズカラーが濃くなりやすいという特徴を持っています。

shuron-ronsir-transitions-xtractive4

自転車にウィンタースポーツ、山登り、ドライブなどアクティブに活動する僕は調光レンズが大好きなんです。なので、この便利な調光レンズを知っていただきたい。

調光レンズというのは、実は随分昔からあって、僕らの親父世代にとっては普通に掛けられていたものなのです。

ただ、調光レンズのサングラスは紫外線に反応してカラーが変わるため、一番よく使われるドライブでのシチュエーションでは不向きになります。それは最近の車はフロントガラスがUVカットが施されているからです・・・

今回ご紹介している東海光学「ベルーナHX トランジションズ エクストラアクティブ」は次世代可視光線調光レンズのため今まではカラーが濃くならなかったドライブでの使用にもOK!

shuron-ronsir-transitions-xtractive2

もちろん、調光レンズというのは使用環境により色の濃度変化に差がでます。

でも僕はもともと紫外線や眩しさに弱いため1年中サングラスやメガネを掛けています。

実際使っていて、薄曇りの日でも少しレンズに色が入る事で目が楽に感じたりもします。

使用感には個人差がありますが、是非一度調光レンズを試しに来てください。

詳しくは東海光学さんのホームページをご覧下さい。

http://www.tokaiopt.jp/

関連する投稿

ホーム > アメリカ | シュロン/Shuron | レンズ | 日本 | 眼鏡 > 次世代調光レンズをご存知ですか?

アーカイブ

ページのトップに戻る