ホーム > イギリス | ボストンメガネ > SAVILE ROW(サヴィルロウ アイウェア) 

SAVILE ROW(サヴィルロウ アイウェア) 

ジョンレノン、エリッククラプトン…

訴えるものが「反発」から「愛」へ、

手にするものが「エレキギター」から「アコースティックギター」へ変わったところで、

彼ら自身が変わってしまった訳では無く、表現が変化しただけだろう。

そんな彼らと同じような歩みを見せる、

また実際に彼らに愛用されたメガネをご存じだろうか。

savile-row-osrc5-c2a5367501

クラシックでありながらモード感漂う

OSRC5 Black matt-silver ¥35,700」

イギリスの片田舎にあるアルガワークスという工房で、

1932年から変わらない製法と機械で今も作られる「SAVILE ROW」(サヴィルロウ)

こだわりのメガネ愛好家の密やかなアイテムとして、

トレンドに敏感なシティーボーイの必須アイテムとして、

王道なクラシックスーツスタイルから、カジュアルなニットキャップまで、

そのお供としてスパイスを与え続ける
savile-row-osrc5-osrc11

オールハンドメイドによる質感から滲み出る、危ういまでの雰囲気が、

ソリッドアンティークなシェイプから薫り立つ

OSRC1 shiny-silver ¥30,450

職人手造りの深みが最も味わえる目を引くセル巻

ブロンドカラーが甘さを足す

OSRC5 Blonde shiny-gold ¥35,700

ジャパンクオリティと相反するかのように、新品ながらにして既にヴィンテージのよう。

長き歴史を果てながらも、未だ未完成

それ故に発せられるオーラ

ここに足すべきは、掛けるあなたのパーソナリティです。

関連する投稿

ホーム > イギリス | ボストンメガネ > SAVILE ROW(サヴィルロウ アイウェア) 

アーカイブ

ページのトップに戻る