ホーム > シュロン/Shuron のアーカイブ

シュロン/Shuron のアーカイブ

Shuron(シュロン) RONSTRONG

アメリカの老舗“眼鏡メーカー”のあまり知られていない秀作

shuron-ronstrong

Shuron(シュロン) RONSTRONG ¥18,900-

どこかブラックカルチャーの匂いを感じる、ハイブリッジが特徴のメタルフレーム。

スパイク・リー監督の映画にこんな眼鏡をかけた登場人物がいたような…

そんな雰囲気薫るコチラをサラッと掛けていただきたい。

掛け心地もケーブルテンプルのため◎

ぜひスタイリングのスパイスにいかがでしょうか。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

次世代調光レンズをご存知ですか?

shuron-ronsir-transitions-xtractive5

風を感じつつ、光を浴びるバイシクルライドが大好きです!

通勤で自転車を使う私は朝はサングラスが必要不可欠、でも自転車走行時は風を受けて走るため、暗くなった夜でもアイウェアが欠かせません。

サングラスとメガネを2本使い分けるのは良いのですが、正直掛け替えが面倒です。

そんな時はコレ!東海光学の次世代調光レンズ「ベルーナHX トランジションズ エクストラアクティブ」

shuron-ronsir-transitions-xtractive

従来の調光レンズは紫外線の量に合わせて、レンズの色が濃くなったり薄くなったり。

だけど、レンズカラーの濃度変化が外気温に影響を受け、温度が高いとレンズカラーが濃くなりにくいという性質を持っているのです。

今回ご紹介する「ベルーナHX トランジションズ エクストラアクティブ」は可視光線調光レンズという新しいレンズで、紫外線だけではなく可視光線(目に見える光の波長)によってカラー変化するのです!
紫外線従来の調光レンズに比べ高い外気温でもよりレンズカラーが濃くなりやすいという特徴を持っています。

shuron-ronsir-transitions-xtractive4

自転車にウィンタースポーツ、山登り、ドライブなどアクティブに活動する僕は調光レンズが大好きなんです。なので、この便利な調光レンズを知っていただきたい。

調光レンズというのは、実は随分昔からあって、僕らの親父世代にとっては普通に掛けられていたものなのです。

ただ、調光レンズのサングラスは紫外線に反応してカラーが変わるため、一番よく使われるドライブでのシチュエーションでは不向きになります。それは最近の車はフロントガラスがUVカットが施されているからです・・・

今回ご紹介している東海光学「ベルーナHX トランジションズ エクストラアクティブ」は次世代可視光線調光レンズのため今まではカラーが濃くならなかったドライブでの使用にもOK!

shuron-ronsir-transitions-xtractive2

もちろん、調光レンズというのは使用環境により色の濃度変化に差がでます。

でも僕はもともと紫外線や眩しさに弱いため1年中サングラスやメガネを掛けています。

実際使っていて、薄曇りの日でも少しレンズに色が入る事で目が楽に感じたりもします。

使用感には個人差がありますが、是非一度調光レンズを試しに来てください。

詳しくは東海光学さんのホームページをご覧下さい。

http://www.tokaiopt.jp/

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

映画「ON THE ROAD」とモスコット、シュロン

ビートニクのバイブル「ON THE ROAD」(路上)

親しい存在を感じさせる

老舗眼鏡メーカーのモスコットとシュロン”

on-the-road-moscot-shuron

“変化を厭わないアメリカにあって、

この文学と眼鏡は50年以上変わらず愛されているという共通項”

上 MOSCOT (モスコット) lemtosh col.BLA ¥24,150

モスコットを代表するこのモデルは、まさに「アメリカンクラシック」

人によって「四角い」とも「丸い」とも形容される、その絶妙なシェイプ

下 SHURON (シュロン) RONSIR col.black×silver ¥18,900

『サーモント』の元祖とされるこちらは、

男性にはインテリジェンスとオトコ臭さを、女性にはコケティッシュな可愛らしさを演出する。

on-the-road-3

on-the-road-2

「ON THE ROAD」(路上)、MOSCOT (モスコット)、SHURON (シュロン)……

そこに薫るアメリカの土と風を感じていただきたい。

気取ることはカッコ悪いことじゃない。

on-the-road-5

ブリンク・ベースでは映画「オン・ザ・ロード」の公開を記念して、

モスコット、シュロンを集めたコーナーを展開しております。

是非、一度お立ち寄り下さい。

(映画「オン・ザ・ロード」公式HPはこちら

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

サーモント特集-4 SHURON(シュロン)メガネコレクション、RONSIR オーセンティックなサーモント

blincvase_logo

表参道・原宿のアイウェアのセレクトショップ(メガネ屋)のブリンク・ベースからSHURON(シュロン)のRONSIRをご紹介いたします。

ronsir18900

映画「JFK」でケビン・コスナーが掛けていたことでも有名なモデル。レンズの高さを広くすることで落ち着きがある大人の雰囲気に。

-

-

ronsir18900-2

フロントサイドに付けられた飾りがポイントで、クラシックさを助長する。

RONSIR ¥18,900

-

-

SHURON(シュロン)

シュロン(shuron)は、1865年創業のアメリカの老舗メガネブランドです。約3世紀に渡り、
140年もの長い歴史を持ち、ボシュロム(レイバン)やアメリカンオプチカルと並びアメリカ3大メガネメーカーの1つです。しかし、シュロンは今まで日本にあまり見かけることはなかったので、馴染みのない人も多いかもしれません。しかし、ヴィンテージのメガネが好きな方の中では、有名なブランドです。しかも今も尚、クラシックなメガネを作り続けており、昔のデザインをそのまま現行品で入手出来る数少ないブランドです。アメリカ陸軍にも製品を供給していたこともあり、第二次世界大戦中には約数百万本のフレームを納めた実績もあります。140年以上も、そのクラシックな普遍的なデザインでその時代の人々を魅了し、今も尚、愛され続けております。

-

-

[SHURON(シュロン)の関連記事]

-

-

何かご 質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。(下をクリック↓)

ブリンク・ベースへメールでお問い合わせする vase@blinc.co.jp

*もしよ ろしければ、このブログをお友達にご紹介してください。(下をクリック↓)
ブリンク・ベースのブログを友達に紹介する

お取り扱い blinc vase (ブリンク・ベース)

vasee5a496e8a6b372e79c8be69dbfblincvasee58685e8a6b372e38399e383bce38388e383bce38399e383b372

change-the-world

未来に花を咲かせようとする国内外の新進デザイナー&ク リエイターたちを集めた、その才能を支える器、すなわち花瓶(vase)となるための場所、それが ブリンク・ベース。

クリエーターのプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図りつつ、次世代を担う若きデザ イナーたちのメッセージを発信します。

また、blinc vaseCHANGE THE WOLRD』(チェンジ・ザ・ワールド)をコンセプトに、アイウェアデザイン と関わることによって広がる新しい体験を提案いたします。

address:東京都港区北青山3-5-16 青山第一社ビル1F   [MAP]

tel.03-3401-2835

open:11:0020:00

close:月曜日(※祝日は営業、その 際は火曜振替休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

SHURON(シュロン)メガネコレクション、FREEWAY アメリカンクラシック

blincvase_logo

表参道・原宿のアイウェアのセレクトショップ(メガネ屋)のブリンク・ベースからSHURON(シュロン)のFREEWAYをご紹介いたします。

shuron-freeway-15700

FREEWAY

アメリカを代表する老舗ブランドであるシュロンの定番モデル。少し細身のウェリントンはスタリングしやすく、掛けやすい。

FREEWAY ¥15,700


お取り扱い blinc vase (ブリンク・ベース)

未来に花を咲かせようとする国内外の新進デザイナー&クリエイターたちを集めた、その才能を支える器、すなわち花瓶(vase)となるための場所、それがブリンク・ベース。

クリエーターのプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図りつつ、次世代を担う若きデザイナーたちのメッセージを発信します。

また、blinc vaseは『CHANGE THE WOLRD』(チェンジ・ザ・ワールド)をコンセプトに、アイウェアデザインと関わることによって広がる新しい体験を提案いたします。

address:東京都港区北青山3-5-16 青山第一社ビル1F

tel.03-3401-2835

open:11:0020:00

close:月曜日(※祝日は営業、その際は火曜振替休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

SHURON(シュロン)メガネコレクション、RONSIR サーモント,キャラメルカラー

blincvase_logo

表参道・原宿のアイウェアのセレクトショップ(メガネ屋)のブリンク・ベースからSHURON(シュロン)のRONSIRをご紹介いたします。

ronsir-25200

RONSIR


ハードで男らしいサーモントスタイルもキャラメルカラーとゴールドのコンビネーションなら、上品な装いに。

RONSIR ¥25,200


お取り扱い blinc vase (ブリンク・ベース)

未来に花を咲かせようとする国内外の新進デザイナー&クリエイターたちを集めた、その才能を支える器、すなわち花瓶(vase)となるための場所、それがブリンク・ベース。

クリエーターのプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図りつつ、次世代を担う若きデザイナーたちのメッセージを発信します。

また、blinc vaseは『CHANGE THE WOLRD』(チェンジ・ザ・ワールド)をコンセプトに、アイウェアデザインと関わることによって広がる新しい体験を提案いたします。

address:東京都港区北青山3-5-16 青山第一社ビル1F

tel.03-3401-2835

open:11:0020:00

close:月曜日(※祝日は営業、その際は火曜振替休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

SHURON(シュロン)メガネコレクション、REVELATION ミニマムなサーモント

blincvase_logo

表参道・原宿のアイウェアのセレクトショップ(メガネ屋)のブリンク・ベースからSHURON(シュロン)のREVELATIONをご紹介いたします。

revelation-24150

REVELATION

少し小さめのサーモントスタイルが新鮮。 クラシックさとスマートさが上手く調和したデザイン。

REVELATIO ¥24,150


shuron(シュロン)

シュロン(shuron)は、ボシュロム(レイバン)やアメリカンオプチカルと並びアメリカの三大メガネメーカーの1つです。

中でもシュロンは、今まで日本にあまり見かけることはなかったので、馴染みのない人も多いかもしれません。しかし、ヴィンテージのメガネが好きな方の中では、有名なブランドです。

しかも今も尚、クラシックなメガネを作り続けており、昔のデザインをそのまま現行品で入手出来る数少ないブランドです。シュロンは、1865年に誕生しました。3世紀に渡り約140年間も、その時代の人々に愛され続けてきました。そのクラシックなデザインは、年代を超えても色褪せない魅力を持っております。


お取り扱い blinc vase (ブリンク・ベース)

未来に花を咲かせようとする国内外の新進デザイナー&クリエイターたちを集めた、その才能を支える器、すなわち花瓶(vase)となるための場所、それがブリンク・ベース。

クリエーターのプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図りつつ、次世代を担う若きデザイナーたちのメッセージを発信します。

また、blinc vaseは『CHANGE THE WOLRD』(チェンジ・ザ・ワールド)をコンセプトに、アイウェアデザインと関わることによって広がる新しい体験を提案いたします。

address:東京都港区北青山3-5-16 青山第一社ビル1F

tel.03-3401-2835

open:11:0020:00

close:月曜日(※祝日は営業、その際は火曜振替休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ホーム > シュロン/Shuron のアーカイブ

アーカイブ

ページのトップに戻る