ホーム > モスコット/MOSCOT のアーカイブ

モスコット/MOSCOT のアーカイブ

モスコット、勝手にサングラス!“Who says protection can’t be fun?” No.2

moscot-lem-blue

moscot(モスコット) 「LEMTOSH」 ¥24,840 + ブルーレンズ ¥2,160 (2点とも税込価格)

“ブリンク・ベース流にモスコットをサングラスとして楽しむ!”

この普遍的なフレームを、最も“らしく”魅せるために薄めのブルーレンズをチョイス。 濃いベッコウ柄のフレームとの相性が抜群。そこに香り立つヴィンテージのような雰囲気を、憧れの過ぎ去りし名優、ミュージシャンの如く身に付ける。



  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

モスコット、勝手にサングラス!“Who says protection can’t be fun?” No.1

moscot-lem-mirror-4
moscot(モスコット) 「LEMTOSH」 ¥24,840 + ブルーミラーレンズ ¥4,320 (2点とも税込価格)

“ブリンク・ベース流にモスコットをサングラスとして楽しむ!”

モスコットを代表するモデル「レムトッシュ」にブルーのミラーレンズを装着し、ストリートカジュアルに落とし込む。長い歴史を誇るアメリカンクラシックに敢えて、反するテイストをミックスさせるのが今の時代感。シンプルに“カッコイイものはカッコイイ”、問答無用に楽しむ。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

モスコット メガネコレクション 「ZOLMAN」

moscot-zoman-4メガネの始まりは丸メガネだったとされています。まるで、その当時のようなクラシカルな雰囲気。

続きを読む

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

モスコットと共に歩んできたブリンク・ベース

moscot-shop-2

来年で創業100年を迎えるモスコット。実は日本での歴史は浅く、上陸したのは6~7年前になります。同時期にオープンしたブリンク・ベースでは、当初より取り扱いをさせていただいており、たくさんのお客様にご紹介してまいりました。クラシックアイウエアのトレンドもあり、今では様々なお店で販売されるようになっています。

続きを読む

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

モスコット メガネコレクション 「MILTZEN」

moscot-miltzen1MOSCOT(モスコット) 「miltzen」 ¥24,840(税込)

モスコットと言えば “レムトッシュ” であったが、ボストンシェイプ人気の追い風を受け、今やそれに並ぶ人気の “ミルゼン” 。太すぎないリムと、タイトなサイズ感は主張し過ぎず、ユニセックスに掛けられるところが人気の秘密。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

モスコット メガネコレクション 「LEMTOSH」

moscot-lemtosh-nyc-11

moscot-est1915-2歴史的長さを誇りながら、現代シーンの最前線も生きる。

続きを読む

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

MEGANE GENTS & 美女 Kimiaki Eto

_mg_8649re

今回の『MEGANE GENTS & 美女』は、千駄ヶ谷にある活版印刷のペーパーアイテムを展開することで有名なPAPIER LABO(パピエ ラボ)の店主 江藤公昭さんを撮影させて頂きました。

江藤さんといえば、眼鏡を常に掛けていることもあり、眼鏡がトレードマークといっても過言ではありません。

そんな眼鏡愛好家の江藤さんに眼鏡遍歴などをお伺いさせて頂きました。

また、普段ではなかなかお伺いする事が出来ない江藤さんの物選びのお話は必見の内容となっております。 是非、皆様ご覧ください。

*今回のロケは、江藤さんのお店であるPAPIER LABO(パピエ ラボ)で撮影させて頂きました。

meganegents.blinc-vase.com

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

MOSCOT(モスコット) メガネコレクション 「NEBB」

このメガネの名前はネブ(NEBB)である。

moscot-nebb

れっきとした「モスコット」(MOSCOT)のモデルではあるのだが、

お客様から“レムトッシュ”ミルゼンのように名前で呼ばれる事は殆どない。

何かそれで気を悪くすることがあるかと言えばそんな風には全く思っていないようで、

フラット気味でスマートなラインが強さを演出するトップラインや、

どなたにも似合うチョット横長のレンズシェイプ自信を持っているためであろう。

「万人受けしなくても、分かってくれる人がいればいい」

そんな声が聞こえそうだ。

人と被るのが嫌いなあなた、

個性は持てど、主張の激しくない、こんな奴を連れてはどうだろうか。


  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

映画「ON THE ROAD」とモスコット、シュロン

ビートニクのバイブル「ON THE ROAD」(路上)

親しい存在を感じさせる

老舗眼鏡メーカーのモスコットとシュロン”

on-the-road-moscot-shuron

“変化を厭わないアメリカにあって、

この文学と眼鏡は50年以上変わらず愛されているという共通項”

上 MOSCOT (モスコット) lemtosh col.BLA ¥24,150

モスコットを代表するこのモデルは、まさに「アメリカンクラシック」

人によって「四角い」とも「丸い」とも形容される、その絶妙なシェイプ

下 SHURON (シュロン) RONSIR col.black×silver ¥18,900

『サーモント』の元祖とされるこちらは、

男性にはインテリジェンスとオトコ臭さを、女性にはコケティッシュな可愛らしさを演出する。

on-the-road-3

on-the-road-2

「ON THE ROAD」(路上)、MOSCOT (モスコット)、SHURON (シュロン)……

そこに薫るアメリカの土と風を感じていただきたい。

気取ることはカッコ悪いことじゃない。

on-the-road-5

ブリンク・ベースでは映画「オン・ザ・ロード」の公開を記念して、

モスコット、シュロンを集めたコーナーを展開しております。

是非、一度お立ち寄り下さい。

(映画「オン・ザ・ロード」公式HPはこちら

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

MOSCOT(モスコット) メガネコレクション 「MILTZEN」

イエローとかブラウンという簡単な感じじゃなくて、

マスタードとか飴色なんて呼ぶほうがシックリくる深みのある色が特徴のこちらのモデル

moscot-milzen-blonde-c2a524150

MILTZEN   Col.BLONDE ¥24,150

100年近く続くアメリカの眼鏡ブランド「MOSCOT」。

どことなく土の香りさえする「アメリカンクラシックスタイル」ですが、

トレンドのトラッドなファッションスタイルは勿論、

このカラーならスーツスタイルでも素敵なアクセントになるのではないのでしょうか。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ホーム > モスコット/MOSCOT のアーカイブ

アーカイブ

ページのトップに戻る