ホーム > 年代別 > 80年代 のアーカイブ

80年代 のアーカイブ

Oliver Peoples x blinc vase 別注505

op505e588a5e6b3a8e38395e383ade383b3e38388
op505e588a5e6b3a8e382b5e382a4e38389
オリバーピープルズ OP505  col362/HRN ¥26,250

この度ブリンク・ベースより アメリカのオリバーピープルズとの
カラー別注商品が発売されました。

今年で5周年を迎えるブリンク・ベースは
25周年を迎えるオリバーピープルズにコラボレーションを依頼。

オリバーピープルズの初期モデルして有名なレジェンドコレクションを
ブリンク・ベースならではの遊び心が効いたカラーで別注したアイテムです。
定番のべっ甲柄にバッファローホーンという、シックで高級感があるカラーリングが特徴です。

今月号のUOMO7月号でも取り上げていただいております。

dscf1052dscf1056


  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

OSCAR MAGNUSON (オスカー・マグヌソン),エレガンスが漂うティアドロップ

8704-9211-24150-1

野暮ったさを感じやすいティアドロップを全体的に繊細かつ小ぶり仕上げる事でエレガントな装いに。

また、スウェーデンブランドらしい美しい色使いも良好。

-

-

OSCAR MAGNUSON (オスカー・マグヌソン)

イタリアで工業デザインを学んだオスカー・マグヌソンは、名門アイウェアメーカーとして知られるマルコリン社で数々のメゾンブランドの企画に携わった経験をもちます。その後、故郷であるストックホルムに戻り、自身のブランドをスタートさせました。

彼のコレクションは、少し野暮ったさを残すクラシックデザインを繊細で細身に仕上げたり、ダークブルーやイエローという北欧らしいカラーで表現することで、独特のエレガンスを生み出しています。

また、スウェデーン国王の甥という肩書きを持つ彼のデザインには、他とは一線を画す気品が漂っています。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

WOLFGANG PROKSCH(ウォルフガング・プロクシュ)メガネコレクション, WP-1106A 最新アイテム

blincvase_logo

表参道・原宿のアイウェアのセレクトショップ(メガネ屋)のブリンク・ベースからのWOLFGANG PROKSCH(ウォルフガング・プロクシュ)のWP-1106Aをご紹介いたします。

wp-1106a-c2a539000

他に類を見ない新しいクリエーションといえるブロー&ティアドロップのデザインはユニセックスで使用できるアイテム。

WP-1106A ¥39,900

-

-

WOLFGANG PROKSCH(ウォルフガング・プロクシュ)

ウォルフガング・プロクシュは、ドイツ人 デザイナー。かつてフェンディやジバンシーといったメゾンブランドのアイウエアデザインを手掛け、業界の重鎮的存在として、常にその動向には大きな注目を集めています。中でも彼は機能性とデザインの融合にこだわり、かつてない独創的なコレクションを世に送り出してきました。その機能性は、程よい掛け心地を実現するバネ性ヒンジ(蝶番)を使用し、装用した際に頭部に負荷をかけすぎないホールド感をつくりだしています。また、それにウォルフガング・プロクシュらなではの大胆でありがらも緻密さを持つデザインを結びつけることで、今では彼の代名詞ともいうべきスタイルを確立しました。

-

今回のコレクションで掲げたテーマは「SHIFT 〜新たなデザインとクオリティーに向かう〜」。

新しいデザインアプローチを意欲的に生み出すことを根幹におき、デザイナーが持つ豊富な経験と感性を惜しみなく発揮することで、知性、モード、建築、プロダクトなどの様々な要素を感じるコレクションへとシフトしています。

まさに「新生ウォルフガング・プロクシュ」といっても過言ではなく、今までのスタイルとは一線を画すクリエイションといえます。

-

-

ご 質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。(下をクリック↓)

ブリンク・ベースへメールでお問い合わせする vase@blinc.co.jp

*もしよ ろしければ、このブログをお友達にご紹介してください。(下をクリック↓)
ブリンク・ベースのブログを友達に紹介する

お取り扱い blinc vase (ブリンク・ベース)

vasee5a496e8a6b372e79c8be69dbfblincvasee58685e8a6b372e38399e383bce38388e383bce38399e383b372

change-the-world

未来に花を咲かせようとする国内外の新進デザイナー&ク リエイターたちを集めた、その才能を支える器、すなわち花瓶(vase)となるための場所、それが ブリンク・ベース。

クリエーターのプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図りつつ、次世代を担う若きデザ イナーたちのメッセージを発信します。

また、blinc vaseCHANGE THE WORLD』(チェンジ・ザ・ワールド)をコンセプトに、アイウェアデザイン と関わることによって広がる新しい体験を提案いたします。

address:東京都港区北青山3-5-16 1F   [MAP]

tel.03-3401-2835

open:11:0020:00

close:月曜日(※祝日は営業、その 際は火曜振替休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

THIERRY LASRY(ティエリー ラスリー) サングラスコレクション、EXCITY フェミニンで洗練されたデザイン

blincvase_logo

表参道・原宿のアイウェアのセレクトショップ(メガネ屋)のブリンク・ベースからのTHIERRY LASRY(ティエリー ラスリー)EXCITYをご紹介いたします。

excity-v030-37800

ティエリー ラスリーならではのヴィンテージ素材使いが冴えるアイテムで、キュートな丸みのあるデザインが特徴。

EXCITY ¥ 37,800

-

-

THIERRY LASRY(ティエリー ラスリー)

フランスのサングラス Thierry Lasry(ティエリー ラスリー)のコレクションは、デザイナー本人の名前から付けられています。彼がデザイナーになる背景には、彼の父親がオプティシャンでもあり、デザイナーでもあったことが少なからず影響している。また、彼のデザイナーとしての才能を促進させることにも影響しています。

彼は、はじめにメガネのコレクションを2002年にスタートさせました。しだいにサングラスのデザインに目覚め、パリのプルミエールクラスなどのファッション小物の展示会で、コレクションを発表するようになります。

そして、2006年に彼のサングラスのコレクション“Thierry Lasry(ティエリー ラスリー)を立ち上げました。

ティエリー ラスリーのコレクションのコンセプトは、フューチャリスティック ヴィンテージです。彼は、ヴィンテージのデザインからインスパイアをたくさん受け、ロックやエレクトロなど音楽の要素をリミックスさせていています。

どのコレクションも50年代の形に、80年代の素材を融合させているのも特徴です。

また、サングラスの材質は、イタリアのマツケリ社の上質なアセテートを使用し、他では見られないカラーを展開し、生産はフランスでハンドメイドで作られています。

-

毎シーズン、ティエリー ラスリーのコレクションは、パリのプルミエールクラスやニューヨーク ファッションウイークロサンゼルス ファッションウイークで発表されています。

そして、ティエリー ラスリーのコレクションは、世界中のファッション雑誌からも高い評価を受け、VOGUE, W, WWD, TEENVOGUE, ELLE, L’OFFICIEL, GLAMOUR, MARIE-CLAIREなどの雑誌からも取り上げられています。

彼のサングラスの愛用者の中には、ニコール・リッチーやファーギー、ビヨンセなどのセレブレティが数多くおります。

ファッションストアーでは、COLETTEHARVEY NICHOLS, 10 CORSO COMOなどの好感度なセレクトショップで展開しております。

-

-

何かご 質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。(下をクリック↓)

ブリンク・ベースへメールでお問い合わせする vase@blinc.co.jp

*もしよ ろしければ、このブログをお友達にご紹介してください。(下をクリック↓)
ブリンク・ベースのブログを友達に紹介する

お取り扱い blinc vase (ブリンク・ベース)

vasee5a496e8a6b372e79c8be69dbfblincvasee58685e8a6b372e38399e383bce38388e383bce38399e383b372

change-the-world

未来に花を咲かせようとする国内外の新進デザイナー&ク リエイターたちを集めた、その才能を支える器、すなわち花瓶(vase)となるための場所、それが ブリンク・ベース。

クリエーターのプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図りつつ、次世代を担う若きデザ イナーたちのメッセージを発信します。

また、blinc vaseCHANGE THE WORLD』(チェンジ・ザ・ワールド)をコンセプトに、アイウェアデザイン と関わることによって広がる新しい体験を提案いたします。

address:東京都港区北青山3-5-16 1F   [MAP]

tel.03-3401-2835

open:11:0020:00

close:月曜日(※祝日は営業、その 際は火曜振替休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

LINDA FARROW LUXE(リンダ・ファロー リュクス サングラス/メガネ コレクション)LFL/56/1 かわらしい変型ボストン

blincvase_logo

表参道・原宿のアイウェアのセレクトショップ(メガネ屋)のブリンク・ベースからのLINDA FARROW LUXEリンダ・ファロー リュクス)LFL/56/1をご紹介いたします。

lfl-56-1-40950

フロントンリムをアーティスティックなデザインに仕上げた可愛らしいボストンスタイル。

LFL/56/1 ¥40,950

-

-

LINDA FARROWリンダ・ファロー)

1970年代にファッションデザイナーであった創設者のLINDA FARROWは、

アイウェアとしてだけではなく、ファッションアクセサリーとしてトータルルックを完成させるアイテムとして捉え、数多くの様々なコレクションを発表。

2003年に創始者の息子で現クリエイティブディレクターのSIMON JABRON氏がブランドを再始動。

2010年より上質な時代を越えたデザインと洗練された高級感はそのままに、ファッションの流行とリンクしたオプティカルラインを発表し、人気を集めております。

また、ファッションブランドとコラボレーションしたアイウェアを発表しており、Alexander Wang, DRIES VAN NOTEN, RAF SIMONS, The Row, JEREMY SCOTTなどの有名デザイナーたちと製作したアイテムは世界的に注目をあつめております。

-

-

<LINDA FARROW LUXE(リンダ・ファロー リュクス)の関連事項>

-

-

何かご 質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。(下をクリック↓)

ブリンク・ベースへメールでお問い合わせする vase@blinc.co.jp

*もしよ ろしければ、このブログをお友達にご紹介してください。(下をクリック↓)
ブリンク・ベースのブログを友達に紹介する

お取り扱い blinc vase (ブリンク・ベース)

vasee5a496e8a6b372e79c8be69dbfblincvasee58685e8a6b372e38399e383bce38388e383bce38399e383b372

change-the-world

未来に花を咲かせようとする国内外の新進デザイナー&ク リエイターたちを集めた、その才能を支える器、すなわち花瓶(vase)となるための場所、それが ブリンク・ベース。

クリエーターのプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図りつつ、次世代を担う若きデザ イナーたちのメッセージを発信します。

また、blinc vaseCHANGE THE WORLD』(チェンジ・ザ・ワールド)をコンセプトに、アイウェアデザイン と関わることによって広がる新しい体験を提案いたします。

address:東京都港区北青山3-5-16 1F   [MAP]

tel.03-3401-2835

open:11:0020:00

close:月曜日(※祝日は営業、その 際は火曜振替休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

WOLFGANG PROKSCH(ウォルフガング・プロクシュ)メガネコレクション, WP-1105A 最新アイテム

blincvase_logo

表参道・原宿のアイウェアのセレクトショップ(メガネ屋)のブリンク・ベースからのWOLFGANG PROKSCH(ウォルフガング・プロクシュ)のWP-1105Aをご紹介いたします。

wp-1105a-c2a535700

レディーススタイルではめずらしい奥行きがある立体的なデザイン。

凛としたプロクシュらしい知的な雰囲気も魅力的。

WP-1105A ¥35,700

-

-

WOLFGANG PROKSCH(ウォルフガング・プロクシュ)

ウォルフガング・プロクシュは、ドイツ人 デザイナー。かつてフェンディやジバンシーといったメゾンブランドのアイウエアデザインを手掛け、業界の重鎮的存在として、常にその動向には大きな注目を集めています。中でも彼は機能性とデザインの融合にこだわり、かつてない独創的なコレクションを世に送り出してきました。その機能性は、程よい掛け心地を実現するバネ性ヒンジ(蝶番)を使用し、装用した際に頭部に負荷をかけすぎないホールド感をつくりだしています。また、それにウォルフガング・プロクシュらなではの大胆でありがらも緻密さを持つデザインを結びつけることで、今では彼の代名詞ともいうべきスタイルを確立しました。

-

今回のコレクションで掲げたテーマは「SHIFT 〜新たなデザインとクオリティーに向かう〜」。

新しいデザインアプローチを意欲的に生み出すことを根幹におき、デザイナーが持つ豊富な経験と感性を惜しみなく発揮することで、知性、モード、建築、プロダクトなどの様々な要素を感じるコレクションへとシフトしています。

まさに「新生ウォルフガング・プロクシュ」といっても過言ではなく、今までのスタイルとは一線を画すクリエイションといえます。

-

-

<WOLFGANG PROKSCH(ウォルフガング・プロクシュ)の関連記事>

-

-

何かご 質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。(下をクリック↓)

ブリンク・ベースへメールでお問い合わせする vase@blinc.co.jp

*もしよ ろしければ、このブログをお友達にご紹介してください。(下をクリック↓)
ブリンク・ベースのブログを友達に紹介する

お取り扱い blinc vase (ブリンク・ベース)

vasee5a496e8a6b372e79c8be69dbfblincvasee58685e8a6b372e38399e383bce38388e383bce38399e383b372

change-the-world

未来に花を咲かせようとする国内外の新進デザイナー&ク リエイターたちを集めた、その才能を支える器、すなわち花瓶(vase)となるための場所、それが ブリンク・ベース。

クリエーターのプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図りつつ、次世代を担う若きデザ イナーたちのメッセージを発信します。

また、blinc vaseCHANGE THE WORLD』(チェンジ・ザ・ワールド)をコンセプトに、アイウェアデザイン と関わることによって広がる新しい体験を提案いたします。

address:東京都港区北青山3-5-16 1F   [MAP]

tel.03-3401-2835

open:11:0020:00

close:月曜日(※祝日は営業、その 際は火曜振替休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

CLAYTON FRANKLIN(クレイトン フランクリン)、732 ヴィンテージテイストのブロースタイル

blincvase_logo

表参道・原宿のアイウェアのセレクトショップ(メガネ屋)のブリンク・ベースからCLAYTON FRANKLIN(クレイトン フランクリン)732をご紹介いたします。

732-cr35700

-

-

732dm-35700

アンティーク調のオーナメントが美しい仕上がりのクレイトンフランクリンらしい逸品

732 35,700

-

-

CLAYTON FRANKLIN(クレイトン フランクリン)

CLAYTON FRANKLIN」は“古いものが時代を経て新しいモノとして生まれ変わる”をデザインコンセプトとし、 クラッシクな装いながらも、まったく新しいデザインを提案しています。また、基本のターゲットをヨーロッパ、アメリカとしてコレクションの展開を行う日本では数少ないドメスティックブランドとしても有名です。

世界標準で物作りを行うその姿勢は、海外において、日本のブランドのデザインとクオリティーが認められると示した草分け的存在として眼鏡業界では知られています。

そして、そのコレクションは眼鏡の深い知識に裏づけされ、使用する材料から、細部のデザインにまで、きめ細やかでこだわりを持った日本人らしい繊細なアイテムを制作しております。

19301940年代に欧米で興隆した彫金フレーム、1970年代の厳格な装いのドイツフレームなどをモチーフに用い、製作されたフレームは独自の世界観を放っています。

-

-

<CLAYTON FRANKLIN(クレイトン フランクリン)の関連記事>

-

-

何かご 質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。(下をクリック↓)

ブリンク・ベースへメールでお問い合わせする vase@blinc.co.jp

*もしよ ろしければ、このブログをお友達にご紹介してください。(下をクリック↓)
ブリンク・ベースのブログを友達に紹介する

お取り扱い blinc vase (ブリンク・ベース)

vasee5a496e8a6b372e79c8be69dbfblincvasee58685e8a6b372e38399e383bce38388e383bce38399e383b372

change-the-world

未来に花を咲かせようとする国内外の新進デザイナー&ク リエイターたちを集めた、その才能を支える器、すなわち花瓶(vase)となるための場所、それが ブリンク・ベース。

クリエーターのプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図りつつ、次世代を担う若きデザ イナーたちのメッセージを発信します。

また、blinc vaseCHANGE THE WORLD』(チェンジ・ザ・ワールド)をコンセプトに、アイウェアデザイン と関わることによって広がる新しい体験を提案いたします。

address:東京都港区北青山3-5-16 1F   [MAP]

tel.03-3401-2835

open:11:0020:00

close:月曜日(※祝日は営業、その 際は火曜振替休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

meima(メイマ)メガネコレクション,64 美しいティアドロップスタイル

blincvase_logo

表参道・原宿のアイウェアのセレクトショップ(メガネ屋)のブリンク・ベースからmeima(メイマ)の64をご紹介いたします。

64-058-31500

クセのあるティアドロップを上品で美しく仕上げたメイマならではの秀作。

64 ¥31,500

-

-

meima(メイマ)

デザイナーであるアンソニー・メイマはフランスのデザイン学校で眼鏡デザインを学び、加工機を購入し自宅でストイックに眼鏡製作を行っていました。

そして、一流メゾンである「クロエ(Chloe)」や「クリスチャン ラクロワ(Christian Lacroix)」のオートククチュール部門へ作品提供する貴重な経験をしたのち、ボーソレイユのプロダクト製作に7年携わり、自身のブランドを立ち上げました。過度な装飾性を抑えながらエレガントな世界観をコンセプトとするネオクラシックスタイルを継承し、フランス人的なモード感覚をもち、繊細なディテールにこだわる新潮流の第2世代として注目されるデザイナーです。

-

-

<MEIMA(メイマ)の関連記事>

-

-

何かご 質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。(下をクリック↓)

ブリンク・ベースへメールでお問い合わせする vase@blinc.co.jp

*もしよ ろしければ、このブログをお友達にご紹介してください。(下をクリック↓)
ブリンク・ベースのブログを友達に紹介する

お取り扱い blinc vase (ブリンク・ベース)

vasee5a496e8a6b372e79c8be69dbfblincvasee58685e8a6b372e38399e383bce38388e383bce38399e383b372

change-the-world

未来に花を咲かせようとする国内外の新進デザイナー&ク リエイターたちを集めた、その才能を支える器、すなわち花瓶(vase)となるための場所、それが ブリンク・ベース。

クリエーターのプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図りつつ、次世代を担う若きデザ イナーたちのメッセージを発信します。

また、blinc vaseCHANGE THE WORLD』(チェンジ・ザ・ワールド)をコンセプトに、アイウェアデザイン と関わることによって広がる新しい体験を提案いたします。

address:東京都港区北青山3-5-16 1F   [MAP]

tel.03-3401-2835

open:11:0020:00

close:月曜日(※祝日は営業、その 際は火曜振替休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

CUTLER AND GROSS(カトラー&グロス / カトラー アンド グロス)メガネコレクション、0986 エレガントなサーモントスタイル

blincvase_logo

表参道・原宿のアイウェアのセレクトショップ(メガネ屋)のブリンク・ベースからCUTLER AND GROSS(カトラー アンド グロス)の0986をご紹介いたします。

0986-dgr-44100

タフな印象があるサーモントスタイルをモードでエレガントに昇華したアイテム

0986 ¥44,100

-

-

CUTLER AND GROSS(カトラー&グロス/カトラー アンド グロス)

ロンドンのオプティシャンだったカトラー氏とグロス氏の二人によりブランドカトラーアンド グロス(1969年創業)は、メガネを実用的なものからファッションアクセサリーへとメガネの概念を変えました。そして、クラシックでありながらも、今っぽいデザインは、様々な世代や職業の枠を越えて広がっていきました。1994年には、待望のパリ店をオープンさせ、その後”CUTLER AND GROSS VINTAGE SHOP”もロンドンにオープンさせました。現在は、海外セレブの多くも魅了させ続けています。

-

-

<CUTLER AND GROSS(カトラー&グロス)の関連生地>

-

-

何かご 質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。(下をクリック↓)

ブリンク・ベースへメールでお問い合わせする vase@blinc.co.jp

*もしよ ろしければ、このブログをお友達にご紹介してください。(下をクリック↓)
ブリンク・ベースのブログを友達に紹介する

お取り扱い blinc vase (ブリンク・ベース)

vasee5a496e8a6b372e79c8be69dbfblincvasee58685e8a6b372e38399e383bce38388e383bce38399e383b372

change-the-world

未来に花を咲かせようとする国内外の新進デザイナー&ク リエイターたちを集めた、その才能を支える器、すなわち花瓶(vase)となるための場所、それが ブリンク・ベース。

クリエーターのプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図りつつ、次世代を担う若きデザ イナーたちのメッセージを発信します。

また、blinc vaseCHANGE THE WORLD』(チェンジ・ザ・ワールド)をコンセプトに、アイウェアデザイン と関わることによって広がる新しい体験を提案いたします。

address:東京都港区北青山3-5-16 1F   [MAP]

tel.03-3401-2835

open:11:0020:00

close:月曜日(※祝日は営業、その 際は火曜振替休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

SUPER SUNGLASS(スーパー サングラス)のサングラスコレクション, 49ER ダブルブリッジのレトロスタイル

blincvase_logo5

表参道・原宿のアイウェアのセレクトショップ(メガネ屋)のブリンク・ベースからのsuper(スーパー)の49ERをご紹介いたします。

2t-28350

ダブルブリッジ上部にほどこされたプラスチックのアセ止めなど、こだわりを見せたデザイン

49ER ¥28,350

-

-

SUPER(スーパー)

クラシックデザインを現在のファッションスタイルと重ねることで独自の世界観を放つイタリア・ミラノ発のサングラスブランド。ヨーロッパを代表するセレクトショップの「コレット」など、高感度なショップで取り扱われていることでも有名です。

イタリアの職人による、高品質アセテート素材を使用した手作りのフレームには、ドイツの老舗レンズメーカー”zeiss”のレンズが使用されております。

また、愛用者にはSienna Millerをはじめ、KANYE WESTEDBANGERDAFT PUNKなど国内外を問わず、アーティストやセレブリティがおります。

-

-

<SUPER SUNGLASS(スーパー サングラス)の関連記事>

-

-

何かご 質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。(下をクリック↓)

ブリンク・ベースへメールでお問い合わせする vase@blinc.co.jp

*もしよ ろしければ、このブログをお友達にご紹介してください。(下をクリック↓)
ブリンク・ベースのブログを友達に紹介する

お取り扱い blinc vase (ブリンク・ベース)

vasee5a496e8a6b372e79c8be69dbfblincvasee58685e8a6b372e38399e383bce38388e383bce38399e383b372

change-the-world

未来に花を咲かせようとする国内外の新進デザイナー&ク リエイターたちを集めた、その才能を支える器、すなわち花瓶(vase)となるための場所、それが ブリンク・ベース。

クリエーターのプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図りつつ、次世代を担う若きデザ イナーたちのメッセージを発信します。

また、blinc vaseCHANGE THE WORLD』(チェンジ・ザ・ワールド)をコンセプトに、アイウェアデザイン と関わることによって広がる新しい体験を提案いたします。

address:東京都港区北青山3-5-16 1F   [MAP]

tel.03-3401-2835

open:11:0020:00

close:月曜日(※祝日は営業、その 際は火曜振替休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ホーム > 年代別 > 80年代 のアーカイブ

アーカイブ

ページのトップに戻る