ホーム > タグ > アヤメ

アヤメ

ayame(アヤメ) メガネコレクション 「FOCUS」

ayame-focus-indigo-2

ayame(アヤメ)の人気モデル「フォーカス」から

デニムのような藍色がニューカラーとして登場

ayame(アヤメ) 「FOCUS」 indigo ¥29,400

続きを読む

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ayame (メガネコレクション) 「OLDSTAR」

リムに施された美しい彫金

クールなメタルフレームを“ただそれだけ”にしないノーズパット

ayame-oldstarefbc92

大変、長らくお待たせしました。

ayame 「OLDSTAR」 ¥29,400

ayame-oldstar

ただのリピートではありません。

ブリッジ表面に注目を

テンプルのカラーが濃いものはシンプルに

薄いものには彫金を

このバランスの取れた“二択”があなたを悩ます。

でも悩んでいる暇はないかも…

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ayame(アヤメ) 「CENTURY」

どことなく「ドイツ」の職人気質を感じさせるこちら

待ちに待った「ayame」(アヤメ)の新作

ayame

「CENTURY」 col.BKB ¥33,600

シェイプとカラーリングのゴツゴツ感というかメリハリがいかにも「らしい」

この辺りの一線を画すこだわりがいかにもアヤメ

よりクラシカルなスタイリングとの組み合わせ、

襟幅にゆとりのあるジャケットや

ちょっと幅広なネクタイなんかとのマッチングはお試しいただきたいところ

女性の「ハズシ」アイテムとしても最高に可愛らしい

しかし、入荷数が少ないのです…

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ayame(アヤメ)新作 OLDSTAR と ENIX

表参道のblinc vaseより

人気ブランドayameから待望の新作のご紹介です。

dscf1039

OLDSTAR ¥29,400

未だ注目度の高い人気のボストンスタイル

ayameのニューモデル”OLDSTAR”は、フロント部に精巧な彫金が施された美しいアイテムに仕上がり

細部にまで行き届いたデザインセンスは毎シーズン進化するayameならではです。

dscf1041

ENIX  ¥29,400

スクエアシェイプと鮮やかなカラーバリエーションで展開される”ENIX”、

デザイナー今泉氏曰く『女性に似合うモデル』として製作されました。

ボストンやラウンドフレームの流行に一石を投じる”ENIX”は新たな流れを生みだそうと試みるデザイナーの心意気を感じます。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ayame (アヤメ)TEAR 新作

dscf1065

TEAR ¥29,400

ayame今季の新作サングラス。

オーセンティックなティアドロップ。流線的で繊細なフレーム、レンズとのカラーリングの組み合わせにセンスを感じます。

今の東京のスタイリングに、このtearをクリアレンズで掛けたいですね。

ayame(アヤメ)

ブランドのテーマを「温故知新」と掲げ、色褪せることなく存在し続ける型を追求することで長く愛される上質な眼鏡を創造しています。

”ayame”には、高貴で神秘的な色を持つ花“菖蒲(アヤメ)”に、眼鏡は視力矯正器具という道具としてあるだけではなく、人の目を彩るアイテムと考えた“彩目”を関連させ、掛ける人々に華を添える眼鏡を創造したいという今泉氏の思いが込められています。

また、今季は過去のコレクションとは異なる雰囲気のデザインが発表され、常に新しいデザインを追い求める今泉氏の眼鏡への情熱を感じます。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ayame(アヤメ)FOCUS ,新作コレクション 入荷

focus-29400-11

FOCUS ¥29,400

丸みの強いボストンフレームをインナーセルのデザインに仕上げた秀作。アンティークな装いが良好。

-

-

”ayame フェアー”

開催期間

2012129()201316()

(1231日~14日は休業)

-

-

ayame(アヤメ)

2010年、彗星のごとく現れた新鋭ブランド“ayame”。デザイナーである今泉悠氏は独学で眼鏡デザインを学び、古きよきデザインを踏襲しながら、オリジナリティー溢れるコレクションを展開しています。

そして、ブランドのテーマを「温故知新」と掲げ、色褪せることなく存在し続ける型を追求することで長く愛される上質な眼鏡を創造しています。

そのコレクションは奇をてらうようなデザインは少なく、フレームの表面のみにマット加工をほどこしたり、他のブランドとは一線を画す独自のレンズシェイプを描くなど、シンプルでありながらも個性を感じさせるデザインが特徴です。

また、ブランドネームの”ayame”には、高貴で神秘的な色を持つ花“菖蒲(アヤメ)”に、眼鏡は視力矯正器具という道具としてあるだけではなく、人の目を彩るアイテムと考えた“彩目”を関連させ、掛ける人々に華を添える眼鏡を創造したいという今泉氏の思いが込められています。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

〜 Close Up ! “ayame” 〜

ayame-v

ayame」の新作発表&コラボレーションモデル受注会が

表参道の眼鏡店『blinc vase』にて12月9日より開催

ブリンク・ベースでは最注目のアイウェアブランドとして評価の高い“ayame”の新作コレクションの全モデル、人気の定番モデルを一同に取り揃えたフェアを下記の期間に行います。

また、2013春夏に展開するコラボレーションモデルの受注会も同時開催させて頂きます。

同ショップでは期間中、今はもう手に入れる事が困難になった「ayame」のブランド創設期からこれまでに展開したアーカイブモデルを特別に販売致します。また、ご購入頂いた方には先着でオリジナルニットキャップを差し上げます。

-

-

2013春夏コラボレーションモデル】

LABRAT × ayame(コンビネーション ボストン) 素材:セルロイド

優しい表情になりやすいボストンスタイルを、テンプルにゴールドメタルを使用することで高級感を残しながらもエッジを効かせ、ユーモアとクールさを併せ持つ「LABRAT」らしいモデルに仕上げました。また、1930’s1940’sのヴィンテージフレームに見られた彫金デザインを施したオリジナルテンプルは、「ayame」のこだわりのディテールであり、特徴のひとつでもあります。


NERDYS × ayame(ラウンド) 素材:セルロイド

レンズシェイプ、サイズ、フレームの太さなど、ミリ単位のディテールにこだわる事で丸眼鏡特有のユーモア感に、知的さと気品を融合させ「NERDY’S」が掲げるnerdなモデル像に合う眼鏡に仕上げました。ヴィンテージデザインを彷彿とさせる独特のブリッジデザインへのこだわりは“古き良きもの”を踏襲するayameならではのものです。

-

-

開催期間

2012129()201316()

(1231日~14日は休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ayame(アヤメ)ZEN マスターピースなサングラススタイル

zen-29400

ZEN  ¥29,400

ウェリントンスタイルのブリッジ部分にキーホールデザインをほどこすことで、

クラシックさを助長させたアヤメの新定番のアイテム。

-

-

ayame(アヤメ)

2010年、彗星のごとく現れた新鋭ブランド“ayame”。デザイナーである今泉悠氏は独学で眼鏡デザインを学び、古きよきデザインを踏襲しながら、オリジナリティー溢れるコレクションを展開しています。

そして、ブランドのテーマを「温故知新」と掲げ、色褪せることなく存在し続ける型を追求することで長く愛される上質な眼鏡を創造しています。

そのコレクションは奇をてらうようなデザインは少なく、フレームの表面のみにマット加工をほどこしたり、他のブランドとは一線を画す独自のレンズシェイプを描くなど、シンプルでありながらも個性を感じさせるデザインが特徴です。

また、ブランドネームの”ayame”には、高貴で神秘的な色を持つ花“菖蒲(アヤメ)”に、眼鏡は視力矯正器具という道具としてあるだけではなく、人の目を彩るアイテムと考えた“彩目”を関連させ、掛ける人々に華を添える眼鏡を創造したいという今泉氏の思いが込められています。


  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ayame(アヤメ)- 1117-8 ピンクのサーモントスタイル

1117-8-29400-1

1117 ¥29,400

アメリカ西海岸系のヴィンテージフレームを彷彿とさせるカラーリング。

サーモントデザインでは珍しい丸みのあるフォルムはユニセックスで使用できるアイテム。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ayame(アヤメ)メガネコレクション, 1109 新作のボストンスタイル

blincvase_logo

表参道・原宿のアイウェアのセレクトショップ(メガネ屋)のブリンク・ベースからのayame(アヤメ)1109をご紹介いたします。

1109-28350

クラシックデザインを基調とするアヤメの新作は、程よいデザインバランスで仕上げた優秀なボストンスタイル。

1109 ¥28,350

-

-

ayame(アヤメ)

2010年、彗星のごとく現れた新鋭ブランド“ayame”。デザイナーである今泉悠氏は独学で眼鏡デザインを学び、古きよきデザインを踏襲しながら、オリジナリティー溢れるコレクションを展開しています。

そして、ブランドのテーマを「温故知新」と掲げ、色褪せることなく存在し続ける型を追求することで長く愛される上質な眼鏡を創造しています。

そのコレクションは奇をてらうようなデザインは少なく、フレームの表面のみにマット加工をほどこしたり、他のブランドとは一線を画す独自のレンズシェイプを描くなど、シンプルでありながらも個性を感じさせるデザインが特徴です。

-

-

<ayame(アヤメ)の関連記事>

-

-

何かご 質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。(下をクリック↓)

ブリンク・ベースへメールでお問い合わせする vase@blinc.co.jp

*もしよ ろしければ、このブログをお友達にご紹介してください。(下をクリック↓)
ブリンク・ベースのブログを友達に紹介する

お取り扱い blinc vase (ブリンク・ベース)

vasee5a496e8a6b372e79c8be69dbfblincvasee58685e8a6b372e38399e383bce38388e383bce38399e383b372

change-the-world

未来に花を咲かせようとする国内外の新進デザイナー&ク リエイターたちを集めた、その才能を支える器、すなわち花瓶(vase)となるための場所、それが ブリンク・ベース。

クリエーターのプレゼンテーション・スペースとショップの融合を図りつつ、次世代を担う若きデザ イナーたちのメッセージを発信します。

また、blinc vaseCHANGE THE WOLRD』(チェンジ・ザ・ワールド)をコンセプトに、アイウェアデザイン と関わることによって広がる新しい体験を提案いたします。

address:東京都港区北青山3-5-16 青山第一社ビル1F   [MAP]

tel.03-3401-2835

open:11:0020:00

close:月曜日(※祝日は営業、その 際は火曜振替休業)

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ホーム > タグ > アヤメ

アーカイブ

ページのトップに戻る