ホーム > タグ > クレイトンフランクリン

クレイトンフランクリン

PRESS情報 「BIRD」03

チョットここのところ無かったスタイリングによるギャップが意外な気持ち良さ

bird-21

bird-3

「ほっこり」したニットと、「クール」に見えそうなメタルフレーム

ニットとは、元々は漁師の仕事着

メガネとは、元々は視力補正のための道具

長い年月の間にデザイン化された二つのプロダクト、

それはファッションアイテム化されてきた、それぞれの「旅」

きっと何度も同席してきたのだろうけど、飽きないばかりか

このコンビはいつの時代でも知的なカジュアルさを提案してくれる。

そして、これかtらも、その「旅」は続いていくはず。

そんな、旅とファッションのお話「BIRD」

ブリンクベースのメガネを何点かご使用いただいています。

bird-11

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

CLAYTON FRANKLIN(クレイトン フランクリン)598 秀逸なボストンフレーム

本日は、表参道のメガネ屋blinc vase (ブリンク・ベース)より、

CLAYTON FRANKLIN(クレイトン フランクリン)セル巻きメガネのご紹介をいたします。

clayton-franklin-598-gp-as-c2a531500

598  上:GP  下:AS  ¥31,500

男性が掛ければインテリジェンスに、女性が掛ければキュートに見える

バランスのとれたボストンシェイプは流石!の一言です。

光沢を抑えたメタルの質感が品のある印象を与えつつ、

肌に馴染んでどんな洋服にも合わせやすくなっています。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ホーム > タグ > クレイトンフランクリン

アーカイブ

ページのトップに戻る